<< 京都一周トレイル 〜1日目〜 | main | 京都一周トレイル 〜最終日〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
京都一周トレイル 〜2日目〜

前日は良い天気にも恵まれたお陰で、何とかハードな行程を乗り切る事ができました。。。が、2日目の本日は嵐山を目指しますが、じ、実は距離的には前日と同じ位だったりして、果たして無事にたどり着けるのでしょうか...(T-T)。おまけに前日終盤から出来てしまった足裏マメっちも結構痛いので、マメ用パットと靴下2枚重ねの応急処置を施して厳しい2日目に突入っす〜♪
○3月10日(土):嵐山へGo!Go!
5時40分
結局、こたつで丸くなったままでしたが、4時30分には起床していそいそと準備をし、大体前日と同じ5時30分に宿を出発です。そして民宿からちょっと歩いた所に「北山24」の道標があるので、ここから本日スタートっす〜♪


宿の周辺は、のどかな田園風景ひろがる感じのところでした。


6時00分
しばらくは勾配の緩やかな畑や集落の道を進みますが、この辺りから本日最初の峠となる江文峠に向かいます。だんだんと勾配もきつ〜くなります。


6時20分
20分も登ると江文峠(北山31)を越えます。ま〜だ薄暗い感じ。


6時40分
峠を越えた後は緩やかに下っていきます。下りきった辺りには静原の集落があって、ここから次に越えなければならない薬王峠が見えてきます(北山34付近)


静原の集落の中の看板で1枚。この辺りの道は京都一周トレイル道であると共に東海自然歩道でもある訳で、東海自然歩道はさすがに全部歩けません。。。


7時20分
そういう訳で薬王峠(北山40)到着です。こちらの登りも結構グイッと登っていくので結構きつかったですね。峠では行動食とりつつ休んでいると目の前の木にキツツキ?が、やってきて盛んに木をつついてましたね。残念ながらカメラを向けたら木の裏側に逃げられました。


なかなか格好いい名前の峠ですね。


7時50分
30分程を一気に下っていくと義経で有名な鞍馬寺のところに出ます(北山43付近)。時間があれば寺を回ったり鞍馬山も行きたかったですが、今回はとにかく先を進みます。ここら辺りからはずっと車道歩きです。


8時20分
30分ほどで北山コースの東部エリア終点の二ノ瀬(北山46)に到着です。


次なる夜泣峠を目指します。


二ノ瀬周辺にも木々の花がキレイなもので、本日も比較的あたたかい陽気です。


現在地の二ノ瀬から次なるポイント大岩に向かうため、途中夜泣峠を越えていきます。看板の写真に出ている夜泣峠は薄暗くて何か怖いっす〜。


8時50分
。。。と、そんな夜泣峠(北山50)到着です。こちらも結構な急登で疲れました〜。


結構些細なことで名前が付くんですね〜。


9時20分
そうこう歩いている間に大岩到着。途中林道を歩いていると前方からワンワン盛んにほえる犬が来るのでびっくりしたのですが、林道脇にテントを張っている外人さんの犬のようでした。山の中で外人さんにあうとはさすがインターナショナル京都?ですな〜。


林道を抜けた後はしばらく車道歩きだったのですが、大岩からまた山の中に入っていきます(北山56付近)。


10時00分
北山60の盗人谷小屋跡分岐のところ、地名はちょっとこわい(笑)。この地点から一気に標高をあげていきます。


この辺りは北山と言われるだけあって、周りは北山杉でいっぱいでした。皆キレイに枝打ちされているので、幹はすす〜とキレイにそそり立っていましたね。杉花粉も気になりますが。。。一応大丈夫でした。


10時40分
大岩からひたすら登り続けてやっとこ小峠(北山62)到着です。ここを越えると一気に標高を上げるところは、しばらく無くなって標高の高いところを小さくアップダウンとなるので、気分的にちょっと楽っす。


峠からちょこっと下ると氷室の集落にでます。こちらの集落を歩いているとまたまた放し飼いになっている犬にワンワン吠えられます。今日は江文峠前や夜泣峠とかでも随分吠えられました。う〜む。


11時20分
氷室を抜けた後は白山下峠を越えた後はこちらの京見峠(北山68)にたどり着きます。


京見というだけあって、入口からちょと登ると昨日比叡山で見た京都の街が見えてきます。今日も穏やかな天気で良かったっす。


12時00分
北山76を通過。秋のシーズンは今歩いてきた道は通れず、京見峠から一度金閣寺まで下って、再度登り返さないといけないそうです。さすがに、それはヤダな〜。


12時40分
沢ノ池(北山80)に到着。かな〜りお腹が減ったので、湖畔で昼食をとります。こちらの池の周りではモトクロス練習場もあってブォンブォン走ってましたね。


13時40分
昼食を取って池を後にしてからは一気に歩を進め。こちらは北山88の高雄付近です。こちらの川沿いには何か畳でもひいて飲み食い出来そうな建物がいくつもありましたが、そういう季節になると何か盛り上がるんでしょうか。。。


14時40分
や、やっと、北山コース終点の清滝の金鈴橋に到着です。時間とかあれば愛宕山も登ってみたいですが、今日はとにかく嵐山まで進まないといけないので、こちらで地図を西山コース用にチェンジして先を進みます。



ラストの北山94です。ここから先はやっとこ最後の西山コース。あと少し。。。


西山コースの最初の道標です。ここからは川の横の道に降りていって、川沿いの遊歩道を歩いて行きます。


西山1です。


しばらくは渓谷沿いの道を歩いていきますが、最後に橋を越えた辺りからは、またまた峠越えが待っています。車道に沿って峠を登っていくと山並みと渓谷のキレイな風景が広がってきます。


15時20分六丁峠(西山6)到着っす。ここからは嵐山の待ちを目指して一気に下って行きます。


15時40分
20分ほど下って行って鳥居本(西山8付近)を過ぎるとガラリと雰囲気が変わって、突然京都らしい街並や人力車が走ってきます。ここからはすっかり観光地です。


15時50分
常寂光寺(西山13)前を通過〜。観光客が随分いて、大きなザックを背負った自分は浮きまくってました(汗)。


16時10分
や〜っと、本日の宿のある嵐山の渡月橋(西山21)に到着です。当初、本日はここで終了予定でしたが、まだ4時なのと明日は雨らしく残りの行程も2時間程度で行けそうなので、しばし思案の上、最後まで歩ききってしまう事にして先を進みます。あ、あと一息。。。


16時30分
阪急の嵐山駅前を通ってしばらく歩いて行って、ふと脇道にそれるとそこから登山道になってました(西山27付近)ので、とにかく登ります。ここも以外と標高差ありました。。。


17時00分
少しずつ薄暗くなっていくなかでやっとこ松尾山山頂到着〜♪


山頂からは嵐山の街並が一望出来てなかなかの景色でした。も少し天気良かったらキレイだったのでしょうけど。。。


17時30分
松尾山を越えた後も登りは続いていって、最後にここの分岐を越えたところからは、一気に苔寺まで降りるはずでした。。。し、しかし、最後の最後に左の点線の方向に行ってしまいました。。。約40分後にはこの地点に戻って来たのですが。。。(44って言うのも縁起が悪いし...)


写真で見ると道標の方向に進むだけなのですが、右に曲がる点線の道が認識出来なかった関係で変な方向ととらえて左に進んでしまったのです。そして、その先に再度分岐があって、谷筋に降りる方向にコケテラと木に書いてあったので、その方向に向かったのですが、それが大間違いで結構下ってしまってから、これは違う〜と思って引き返したのですが、だいぶ時間をロスしてしまいました。辺りはすっかり暗くなってきてましたし。。。結局2日連続のヘッドライト歩行となってしまった。。。(T-T)。違うかな?と思ったら迷わず確実なところまで戻りましょう。。。


18時20分
無事正規ルートから降りてきて、西山コース最後の道標と御対面です。この2日間ひたすらこの道標を探して突き進んできたので、一番最後になってしまうとちょっと寂しい気もします。。。が、とにかくラストの上桂へ歩を進めます。


18時40分
終点の阪急上桂駅到着〜♪ほんっとお疲れ様でした〜。結局本日の行動時間も13時間になってしまいました〜。この後、駅からは電車に乗って嵐山に戻ります。


19時00分
写真は夜の渡月橋。歩道脇のライトが一定時間ごとに色を変えてました。


この後は、本日の宿泊地「ご清遊の宿らんざん」に向い、2日間の疲れをとりました。ごはんも美味しかったですが、お酒もなかなかでしたね〜。長い長い2日間でしたが、とにかくお疲れ様でした〜♪しかし、次はもっとのんびり観光したいところでしたね(汗)。
カテゴリ:山Good! | 18:46 | comments(1) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 18:46 | - | -
コメント
ほんとにすごい体力ですね。私は昨年10月に東山地区を歩きました。地図も持ち(観光協会で購入した例の地図です)、歩き始めました。何度も道に迷い、幾度も同じ場所に立ち戻り、そしてまた迷いと,自分でも情けなくなりました。

昨年は最終的に蹴上げまでしか到達できず、大文字山すら到達できませんでした。あなたの歩行には脱帽です。すごい。

京都に長男が住んでいます。その長男に会うのを兼ねて、終着点から再び歩こうと計画しています。 あなたの記録を読んで、がんばろーと思いました。
ありがとうございました。
では。
| 大西二郎 | 2016/06/12 12:09 AM |
コメントする