<< 野山北公園の春〜2011 | main | 蕨山&武甲山周遊トレイルラン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
日本冒険フォーラム
p_表紙.jpg
『冒険』と聞くといくつになってもドキドキしますね〜(^^;
◎2011年5月15日(日):冒険フォーラムGo!Go!
随分前の話になってしまいますが・・・
ことのはじまりはICI石井スポーツ内にあるパンフレットコーナーの中にあった1枚のちらしでした。。。
植村直己さんの笑顔に引き寄せられるように思わず手にとってしまったちらしには
日本冒険フォーラム」と。。。植村直己さんの足跡の紹介の他にも今を生きる
有名な冒険家の方々が集ってディスカッションするらしく、植村直己さんの母校である
明治大学創立130周年記念事業の一貫として行われるそうで、事前申し込みは必要ながらも
入場無料。。。早速申し込みを済ませて、折角なのでうちの両親にも声をかけて当日の
御茶ノ水へ足を運ぶのでした。。。

p_002.jpgお昼の12時位から入場受付開始だったのでその時間に明治大学駿河台キャンパス内のアカエミーホール3階へ。。。開始まで時間もあるので、1階の展示コーナーを見に行きます。

p_004.jpg1階のエスカレータ脇にこの日のための植村直己さんの展示コーナーがあるのでいろいろ見ましたが。。。

p_003.jpgエベレスト山頂からのパノラマ写真はすごい迫力ありましたねー。

p_005.jpg13時15分
そ〜んな訳で2011年日本冒険フォーラムの開演で〜す。

p_006.jpg最初に今回の日本冒険フォーラムのコーディネータの江本嘉伸さんから挨拶ありました。

次に植村直己さんの生まれ故郷であり最近はコウノトリの復活で有名になった兵庫県豊岡市長からの挨拶や市のプレゼンもありましたが。。。
p_009.jpgムービーの中には、地元の方々が心をこめてコウノトリの折り紙をを折ってくださった場面も。。。

p_010.jpgそのコウノトリの折り紙達も遠く豊岡の地から東京まで飛んで来てくれたようで。。。

p_001.jpg全員の席にはパンフレットの他にコウノトリの折り紙も1つづつ置かれていました。とっても粋な計らいですね。豊岡市の皆様ありがとうござましたm(_ _)m

p_001.jpgその後は、植村直己さんの足跡のムービーも紹介されましたが。。。

p_008.jpgその次に話をしてくれた当時植村直己さんと同期で明治大学登山部に在籍していた廣江研さんの当時のエピソード話は楽しいものでしたねー。

そして最後に今回のパネリスト達が1人ずつ足跡と共に紹介されていきます。
p_011.jpg最初が登山家「天野和明さん」。

p_012.jpg8000m峰をいくつも登った実績もあり、ピオレドール賞も受賞された有名な方だそうです。

p_013.jpg紹介ムービーの後には思い出の品について話をしてくれました。

p_014.jpgそしてその次にリアカーで世界を歩きまわっていたリアカーマンこと「永瀬忠志さん」(Youtubeにあったムービー)

p_015.jpgそして鷹匠の「松原英俊さん」。

p_016.jpgそして最後がサバイバル登山でも有名な「服部文祥さん」(情熱大陸出演時のムービー)

p_017.jpg紹介のあとは冒険家の皆さんがフリートークで、体験談を語ったり、時には大きく脱線したりしながら話を進めて行きましたが、ちょっと脱線時間が長かったかも...(^^;

p_018.jpgそして反対側には司会の江本さんの他、最近では映画「岳」にも登場していた市毛良枝さんも楽しい話聞かせてもらいましたねー。

そして、13時過ぎからはじまったフォーラムもあっという間に時間が過ぎ最後に終演の挨拶で終わりましたがあっという間の4時間でした。内容としては「冒険」というテーマにしてはちょっと冒険の話少なかったかなという印象もありましたが、フリートーク形式な展開なので多方面な話になってしまうのは仕方がないのかな?いずれにしてもテレビや本からでは分からない冒険家の皆さんの生の話が聞けたのは大きな収穫でした。
また、こういった機会を見つけたら参加してみたいですねー。
それと兵庫にある植村直己冒険館もいつか行きたいところですね
(加藤文太郎記念図書館も最寄りの美浜市にあるし。。。)。
カテゴリ:他Good! | 00:34 | comments(4) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 00:34 | - | -
コメント
植村直己冒険館って確か行ったことあるような・・・
あまり記憶には残ってないですが・・・^^;
(まだトレッキングすらしていなかった頃なので^^;)
今行くとまた違った見方ができるも知れませんね。

すぐ近くに外湯めぐりで有名な城崎温泉があるので、
是非一度足をお運び下さいませ。^^
| ジョー | 2011/07/11 12:01 PM |
ジョーさん>
コメントありがとうございますm(_ _)m

既に植村直己記念館も訪問されているのですね。
京都からだとそんなに遠くなさそうですので、
再訪の機会ありましたら是非是非♪

それから周辺情報ありがとうございます。
城崎温泉というのは初耳でした。
温泉巡りできるっていうのはとっても魅力的ですね。
周辺には他にも氷ノ山も登ってみたいし、
いずれ行かなきゃですねー。
| tripgood | 2011/07/12 10:39 PM |
植村さんに私が共感することは
制服だけを目的とするヨーロッパスタイルの登山に
先人の知恵を取り込もうとしたことでしょうか?
| 河童 | 2011/07/15 4:15 AM |
河童さん>
植村さんらしい冒険スタイルがより植村直己さん
らしさを形作っていったのかもしれませんねー。
今回のフォーラムに参加して、形はいろいろ違えど
植村さんのスピリットは脈々と受け継がれているんだなー
としみじみ思いました。。。自分にも少し(^^;
| tripgood | 2011/07/15 9:47 PM |
コメントする